NEEQ:836545

 
ホーム > プレスセンター > 会社のニュース

2015年年度観光活動円滑に終わり(2015年西安ー平涼遊)

発表時間:2016-08-15
2015年7月31日、広奕電子及び子会社の社員たちは西安に飛ぶ飛行機を乗り、西安ー平涼という4日3泊の活動に参加した。
 
今回、最初の観光地は5A級旅遊区に指定された崆峒山である。崆峒山の遊覧区は84平方キロに及び、山の麓を川がとりまくように流れ、その一部はダムになっている。切り立った岩壁、数々の奇岩や古木、幽玄な雲海、まさに山水画の世界である。自然の美に恵まれた崆峒山は豊かな文化を育んできた。秦の始皇帝、漢の武帝も訪山した事があり、唐宋明清各代、山中に仏教寺院を建立したことがあるが、その中一番有名なのは崆峒宝塔である。
 
 
 
 
二番目の観光地は「世界文化遺産」に選ばれた秦の始皇帝陵博物館である。「世界第八奇跡」と呼ばれる秦の始皇帝陵博物館は、1、2、3号坑と銅車馬館等が含まれている。その後、古代皇帝園林という「華清池」を観覧した。唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスがこの地を最も有名にしている。華清池は、1936年に西安事件が起きた場所としても有名である。
 
 
今回の活動は円滑に終わった。今回の活動を通じて、社員たちのチームパワー意識を強くなり、会社の人間性管理が現れ、社員たちにリラックスされ、大自然の中で、ゆったりとした時間を過ごさせる。会社の活動は社員を思いやりながら、チームパワー精神が現れ、社員たちがもっと団結し、いきいきする雰囲気をつくる。
 
今回の活動は社員たちの安全問題を保つだけでなく、仲間同士で語らいながら関係がもっと深くなった。ストレスフルな生活に疲れた心を、大自然は包み癒してくれた。

 

前のページ:以前はありません
後のページ:いいえ次にません
お勧めニュース